質問事例☆嫌いという感情を持つことに罪悪感がある…

こんばんは~。Keikoです。

 

 

しばらくの間、受けたことのある質問について答えたことを書いていきたいと思います♪

 

 

本日の疑問、質問

「嫌いという感情を持つことに罪悪感がある」

ことについてです。

 

 

確かに、これはよくわかります。どういう意味でかというと、誰しもやっぱり人をはっきりと嫌い!って思いたくはないものですから。

 

 

そして、彼女はつづけます。

 

 

「どんなに嫌なことをされたとしても、その人を嫌い、とならないんだと。自分から会いたくない、関わりたくないとは思うんだけど、はっきり嫌いって言ったら楽になるのかなぁと。

 

そう思うのだけど、自分自身が嫌われるのをすごく恐れているのだろうから、言えない…。

 

 

昔、いじめられたり仲間外れにされたりしたことがあるから、それに関係するのかな?」と。

 

 

罪悪感…たしかにそういうのっていうのは、自然に考えてしまったりすることもあるかもしれないですよね。

 

 

特に相手が身内だったり親だったりしたら、よけいにそんなこと思ってはいけないという気持ちになったりするかもしれない。

 

 

だけど、私は、いつの日か気づいたことがありました。嫌いとまではいかなくても、確実にいやだな、と感じることにも蓋をしていたということに。

 

 

でも、それは自分の気持ちに正直ではない、嘘をついていることになります。そうしていくうちに、自分がどう感じているのかということに気づけなくなったりする恐れもあります。

 

 

「嫌い」とその人に向かって言うのはやはり良くないと思います。

 

 

だけど、自分の中で、一度、とことん、いやだ、嫌いだと思う感情を吐き出してしまう(上手な方法でです。)というのをしないと、だんだん、その気持ちは身体の不調にもつながったりしてしまうかもしれません。

 

 

そして、その嫌!という気持ちを認めた後に、その相手のどういうことが嫌だと感じたのか、どうして相手はそういう行動を取ったのか?ということをちょっと考えてみると、自分探しになったり、気づけることがあったりします。

 

 

そうすると、誤解である可能性も時にありますよね。相手が誤解している可能性もあります。その時には、こちらの気持ちを正直に話すなどする、という解決法もあります。

 

 

正直に話せない状況であるとイライラしてしまいます。相手によっては話せない人の可能性もあります。

 

 

そして、これはいつも当てはまるとは限りませんが、時に相手が鏡となって現れるということもあります。その場合、神様が私たちの成長のためにそういう相手を与えるということもあるみたいです。

 

 

いじめられた経験によっては、それによって、大人になってから、ある時、疎外感を感じることがあって、自分の気持ちをはっきりいえなかったり、そういうのは関係があるかも・・・。

 

 

だけど、もちろん、いじめる本人にもいろんな問題があります。ただ自分が感じることができることは、そういうことを感じてはいけないという罪悪感で、その罪悪感というのは、手放すようにしたほうがよいと思います。

 

 

そして、そんな風に感じる自分も含めて許す。いじめる相手にも問題があるわけなので、その人はどんな環境で育ったのかな?など、思いを巡らしてみたりすると、許すまではできなくても、なるほどな~と思ったりできると思います。

 

 

私に伝えると、単なる共感してくれるのと全然違う、すっきりするといわれます。

 

 

いつもそんな言葉を最後に言ってくれるのでうれしくなります。

ありがとうございます☆

 

 

お問い合わせはこちら↓

keiberry0829☆gmail.com

☆を@に変えて送信してくださいね~

 

 

ではまた~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA